車内でカセットガス使うなら・・これで安心!新コスモス電機 SC745・735 一酸化炭素チェッカー

ハイエース&パーツ等
スポンサーリンク

ハイエースで車中泊やキャンプをするようになって、カセットガスを使うようになりました。
イワタニのマイ暖(ストーブ)&タフまる(カセットコンロ)は、うちの大切なアイテムです。

カセットガスは安価で扱いやすく、よい燃料なのですが、唯一気にあるのが、燃焼時に出てくる一酸化炭素です。死亡事故等も聞く話なので、みなさん不安は同じだと思います。
安全にガスを使うために警報機は必須アイテムだと思います。

はじめに SC745とSC735の違いについて

うちが今年、購入したのは、新コスモス電機SC745(SC735同等品)です。
昨年に続き2台目になります。

メーカーのホームページを見ると、745(ガス事業者向け)と735(一般販売)、2つの機種は同じ商品のようです。
私は住宅設備の販売店から、SC745を8,200円で購入しました。
購入時は最安値として購入したのですが、もっと安く購入できそうです。

  • SC735 一般販売用
  • SC745 ガス事業者向け

 

新コスモス電機 SC-745 /SC-735の魅力

上が箱と同根物です。

この商品を選んだ理由は、何といっても¥・・
日本メーカーで一酸化炭素の検出精度が安心できる点です。

Amazonなどでも「一酸化炭素警報機(チェッカー)」はいろいろと販売されています。

2,000円以下のものから1万円越えのものもあります。うちもアマゾンで評価の高かった商品を使っています。ですが、どの程度、機能しているのいるのかわからず、不安はあります。
一酸化炭素は無臭で目に見えませんし・・

この不安解消のため、あえて機種違いの、2台の警報機を併用している人も多いように思います。

うちで使っている警報機は、意外と頼りになりそうです。1年使ってみて、新情報を書いています。くわしい情報はのちに・・Bemixc 一酸化炭素チェッカー(Amazon)

話をもどしまして・・下が新コスモス電機 メーカーホームページです。

商品の特徴(メーカーホームページ抜粋)

CO反応式
警報器が一酸化炭素(CO)を検知すると、煙センサの感度を高め、火災をより早くお知らせ
※住宅用防災警報器及び住宅用防災報知設備に係る技術上の規格を定める省令(平成17年総務省令第11号)第11条の規定に基づき、総務大臣に認証された基準

CO注意報
一酸化炭素(CO)濃度100ppmを検知すると、CO注意報でおしらせ

熱中症/乾燥おしらせ
温湿度を検知して、熱中症になりやすい環境やインフルエンザウイルスが蔓延しやすい空気の乾燥した環境をおしらせ

「熱中症/乾燥おしらせ」機能無しタイプもあります SC-335

うちは車内で使っているので、設置方法や設置場所は、メーカーが指定したものではありません。
メーカーのいう基準を満たしていません。
ただし、もともとの機器の性能が、きちんと保証されている安心は大きいです。

 

下の画像がSC745の背面です。
画面中央のバッテリーを自分で装着して使用開始となります。
本体の記載事項として、「公称作動濃度:CO 100ppm」とあります。基準も明確ですし安心です。

新コスモス電機のホームページにありますが、「熱中症/乾燥おしらせ」機能無しタイプとして、SC-335があります。

この記事を読んでいる方は、車内やテント内で使うので、「熱中症」や「乾燥」が関係ないと思いますので、こちらが安ければ選択ありです。

本体はよく似ていますが、正面から見ると、本体上の左右に「熱中症」「乾燥」のランプがありません。これで十分だと思います。

こちらのメーカーのホームページは、とても親切なホームページです。

説明もていねいですし、警報時の音声まで再生できます。(基準値オーバーでどんな警報が鳴るか聞くことができます。)
さすが日本メーカーさんです。こういうホームページを見ても信頼できる商品だということがわかります。

買ってよかった気がする!  Bemixc 一酸化炭素チェッカー

ハイエースに乗り始めて、カセットコンロの使用を考えて、一酸化炭素チェッカーを購入しました。
下はAmazonからの画像です。ページを見ると1年保証がついています。計測範囲も明示されています。
テストボタンを押すと、音がしますので作動していることがわかります。前回の記事はこちらです。

Bemixc 一酸化炭素チェッカー(Amazon)

なぜ、今回、この記事で1年前に購入した商品を紹介しようとしたのかと言いますと・・
購入して約1年くらいたったと思うのですが・・警告音が「ピッ」となるようになりました。最初はこの警報機が鳴っていると思わす・・
そもそも車に載せていたことも忘れてましたから、この「ピッ」が何の警告音(30~1分に1度、1回鳴る)かわからず、電気関係(インバーターやアイソレーター等)をいろいろ調べていました。

このチェッカーだと気が付いて、電池を入れ替えたら音が止まりました。きちんと動作できていることがわかって信頼性が増したように思います。みなさんもサブ機としていかがでしょうか?

新コスモス電機SC745(735)一酸化炭素チェッカーとAmazonで購入したBemixcの動作音

 

まとめ

車中泊やキャンプでのカセットガス機器は、とても使い勝手がよい、うちの必須アイテムです。
なんと言っても、サブバッテリー、ポータブルバッテリーの電気が減らないという安心感は大きいです。

冬以外であれば、ホームセンター等でもすぐにガスは入手できます。
問題&注意点は一酸化炭素中毒だけですね。あまり気にせずに使われている人も多いようですが、やはり気になります。

安心して、車中泊&キャンプを楽しむためにも一酸化炭素チェッカーはおすすめです。いろいろな商品がありますが、ぜひ、ご検討ください。やはり日本メーカーの安心感は大きいですよ。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ、クリックください。励みなります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

ハイエース 車内でカセットコンロ どう思います?
ハイエース 小窓デビュー&カセットコンロを初利用! 別記事で詳しく、書かせていただきましたが、ハイエースのパワースライドのガラスを交換して、小窓付ガラスにしました。車選びの頃からの悩みが1つスッキリしたところです。 小窓がついたおか...

 

冬に使えない??いえいえ、ハイエースに最高です!イワタニ マイ暖ほか
冬にハイエースを楽しむために、昨年、カセット(ガス)ストーブ「マイ暖」を買いました。 ある理由で、昨年はあまり使う機会がなかったのですが、今年は毎日のように、このストーブを使うようになりました。 ハイエースにこの商品は最高です! ...

 

 

タイトルとURLをコピーしました