作成中 6 サブバッテリー&ポータブルエアコン

サブバッテリーと充電器の関係

ハイエースが納車されて最初に取り組んだDIYはサブバッテリーの設置でした。
まったく初めての作業でしたが、ネットの情報で何とかなりました。2年経過した今もトラブルなく使えています。

記事の中にも書いていますが、高性能なポータブルバッテリーも安価になってきました。
うちは、ポータブル電源とサブバッテリーを組み合わせて使います。

過酷な車内の環境に、常時充電の状態で高価なポータブルバッテリーを放置するのは抵抗がありますし、サブバッテリーが車内にあって、いつでも電気が使えるのはとにかくメリットが大きいです。

うちは、サブバッテリーで車載冷蔵庫を日常的に利用しています。扇風機や照明器具等も使いますが、特に不足することはありません。
泊まりで出かける時だけ、エコフローのポータブルバッテリーを持って出ています。

エコフローリバープロ 720W/h 300Wの電気ヒーター
ハイエースにピッタリです!
ECOFLOW RIVER PRO

【サブバッテリー関係の記事】

  1. ハイエース 自作 サブバッテリーの配線と購入した物
    ハイエースに安価なサブバッテリーを組みたいを思っている方はこちらをご覧ください。

  2. ハイエース サブバッテリー 昇圧機能搭載 SBC 004 運転席でLEDで状態確認 DIY
    素人が作った自作のサブバッテリーシステムだからこそ?バッテリーの状態がわかると安心感が大きいです。LED表示おすすめできます!

  3. バッテリー充電器 セルスターDRC-600買いました! DRC‐300との比較&注意あり
    いつもはアイソレーター(走行充電器)から、サブバッテリーを充電していますが、冬季にヒーターを多用すると走行充電の蓄電では、バッテリーが不足してきます。
    DRC600で追加の充電をして使っています。
    また、本機にはバッテリーをリフレッシュする機能も付いていますので、重宝しています。

  4. ハイエース(バン) 車中泊用 レイアウト変更と寒さ対策 自作 外部電源 引き込みわが家のハイエースのレイアウトVer2です。ニトリの厚めのマットを使うと、セカンドシートを前に倒した時の高さとピッタリになります。
    ベッド上に左サイドに配置していた、電子レンジは、ベッド下に収納。冷蔵庫はセカンドシートの足元に置いています。

    ハイエース 車中泊 電子レンジあり
  5. ディープサイクルバッテリーが充電できる セルスターDRC 300
    最初に使ったバッテリー充電器です。楽天のショップの商品説明にディープサイクルバッテリーが充電できると表記があり、やってみらたら充電できました!

    ただし・・時間は結構かかります。利用頻度の低い方には、十分おすすめできます。
    価格も安いですし、接続コネクターがとても便利にできています。くわしくは本文記事で・・
  6. 走行充電器・ソーラーパネル 切替用スイッチ uxcell ディスコネクトスイッチ

    うちのサブバッテリーの充電方法は3種類あります。

    ①走行充電器(アイソレーター)を使って走行中に充電
    95%はこれで充電しています。放置状態で充電できるのでこれに限ります。

    ②バッテリー充電器を使って、100Vのコンセントから充電
    主に冬季にヒーター等で電気が足りなくなった時に補充用ととして使います。

    ③ソーラーパネルからの充電
    折りたたみ式のソーラーパーネルからバッテリーを充電します。
    ポータブルバッテリーへの充電もできます。この3種類の充電を切り替えるためには、電気の通る道を切り替えるスイッチが必要になります。そこで、uxcellディスコネクトスイッチを使っています。
    ※画像はAmazonの商品へリンクしています。
    レバーの位置を3か所の切替で使っています。
    上の画像のようにレバーを中央にすると、バッテリー充電器(100V)からの充電
    手間にすると、通常の走行充電器から
    奥にすると、ソーラーパネルからの充電ができるように配線しています。

    ※素人の配線ですが、2年間、無事に使えています。何とかなるものです。。

 

ポータブルエアコン

夏の車中泊の必需品と言える設備です。防虫ネットや扇風機、換気扇も使ってきましたが、このエアコンが使えれば、真夏の車中泊でも熟眠できます。

ポータブル電源での小型のポータブルエアコン(クレクールⅢ)の購入も考えましたが、うちのポータブル電源では、2時間程度の使用が限界です。
真夏の車中泊は、電源のあるRVパークを利用する前提で、アイリスオーヤマのポータブルクーラーを選びました。

(編集ポイント)

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました