くるま旅 海と山が楽しめる拠点スポット 道の駅・空の駅 余部(あまるべ)

くるま旅(車中泊&グルメ)

はじめに 近くはないけれど・・ミドル&シニア向けの魅力コース

はじめて行きました。兵庫県の北部、日本海側にありますから、ちょっとアクセスに時間がかかります。神戸市から2時間30分もかかりますが、鳥取市から45分くらいです。

県をまたぎますが、鳥取市の観光とセットで楽しむと良いスポットですね。私たちは中国地方から、このエリアを目指しましたが、逆に関西方面にお住いの方、あまり出かけることのなかった鳥取県(鳥取市・米子市・境港市)や島根県(松江市や出雲市)へ遠出されるのはいかがでしょうか。

自分で走ってみて思ったのですが、一部、有料道路の区間もありますが、無料で大部分の区間は走れまます。
基本、道は空いていて、本当に走りやすいです。日本海を眺めながらドライブをしていると、適度な感覚で道の駅があります。

つかれたら、ここで休憩や車中泊しながら・・なんてとても楽しい、くるま旅だと思います。
にぎやかな町はありませんが、日本海側の落ち着いた魅力は、ミドル&シニアさんにはピッタリだと思います。

今回のうちの移動コース
1日目
①(仕事を終えてから)自宅を出発 → ②道の駅 琴の浦(鳥取県琴浦町)車中泊

2日目
①道の駅琴の浦を出発 → ②道の駅・空の駅 余部 → ③余部埼灯台 → ④岡見公園 →
⑤香美町(味処 喜いち)→ ⑥ 道の駅 鮎の里 矢田川

こんな絶景の駅があるんですね  道の駅&空の駅 余部

余部 空の駅

道の駅に近づくと、看板などがすぐに目に入ります。とてもわかりやすいです。

以前から行きたいと思っていた余部駅に到着しました!
鳥取県の「道の駅 琴の浦」から2時間くらいでいした。朝10時すぎに到着しましたが、かなり観光客は多い状況でした。
お客さんは、幅広い年代の人がおられました。ミドル&シニアさん、夫婦も1人旅行の人も多くおられました。

現地(道の駅)は、一見すると駐車場が狭いように感じましたが、車道を挟んで左右に駐車場があるので、かなりの台数が駐車できると思います。車中泊もできそうです。

車外に出ると、高いところにすぐに「余部橋梁」が目に入りました。
これを目指して公園内を歩いていると、たくさんの人が集まっている場所があったので行ってみました。

すると、カメの「そらくん」がノゾノソ歩いて観光客の人気者になっていました。

 

帰宅してから、なんで?余部にカメなんだろうと調べてみると、「会えれば幸運 カメの駅長・・」の記事を発見。カメの物語?などが新聞で取り上げられていました。

会えれば幸運、カメの駅長 香美・余部「空の駅」 | おでかけトピック | 兵庫おでかけプラス | 神戸新聞NEXT
兵庫県内の最新のおでかけ情報・ニュースをお届けします。イベント、グルメ、観光スポット情報が満載です。

 

旧余部鉄橋は、明治45年にできたもので、多くの人が訪れる観光名所だったらしいです。
昭和61年の列車転落事故をきっかけに架け替えが検討され、平成22年に現在の橋梁ができたとのこと。
昔の鉄橋の遺構も残されていて、新しい、余部クリスタルタワー(エレベーター付き)とあわせて観光できます。余部駅も同じように昔の線路等も残されていました。

下の動画は、余部駅(空の駅)へあがるためのエレベーターからの画像です。

空の駅からの眺めは素晴らしいの一言です。周辺の家々を見ながらエレベーターで降りていきます。

展示物に書いてあったのですが、この辺りのお宅は、海からの強い風で瓦が飛ばないように同じ向きで屋根が作ってあるようです。
地元のみなさんの知恵ですね。どちらのお宅もキレイにしておられ、海岸の風景と一体的に見えて風情があります。

余部駅ににたどり着くには、エレベーターに乗らないといけないのですが、それなりの高さまで登るエレベータですから、時間がかかります。人が多い時はエレベーター待ちの列ができると思います。

うちが実際に歩いたコース

  1. 道の駅 駐車場
  2. 公園内を歩く
  3. エレベーターで空の駅
  4. 道の駅で買い物です。このエリアだけでも結構、ゆっくり楽しむことができますよ。(2時間弱楽しみました。)

余部 空の駅 道の駅 余部 空の駅 道の駅 余部 空の駅 道の駅
①道の駅への案内図     ②公園の中(旧鉄橋)   ③空の駅へあがるエレベータ
余部 空の駅 道の駅 余部 空の駅 道の駅
④エレベータから降りた所  ⑤度胸だめしコーナー?(下が見えます。)

余部 空の駅 道の駅 余部 空の駅 道の駅
⑥鉄橋時代の線路          ⑦空の駅から海が見える

 

空の駅の下は「道の駅」で買物ができます。
ここでソフトクリーム買い、外のベンチで食べました。気持ちいいです。
道の駅で買ったもの「かに甲羅盛り」1000円くらい? さばのソーセージ。美味しくて珍しい!
どちらも、矢田川の道の駅&RVパークでいただきました。

どこでも自由に立ち寄れる、くるま旅では、地元のものを買ったり、食べることができるのは最大の魅力ですね。車内に冷蔵庫もありますので、どこで好きなものを買っても大丈夫です。
おまけに邪道?かもしれませんが・・電子レンジも載せてます。どこでもおいしいものを楽しめる最高の組み合わせですね。

余部 空の駅 道の駅 余部 空の駅 道の駅

 

ハイエース(バン) 冷蔵庫と電子レンジ 選び 車内紹介
こんにちは、55Hiaceです。50歳代でハイエースデビューしました。くるま旅とハイエースDIY等を楽しんでいます。 工具も知識もない 素人が考えたこと&やったこと わたしの目指すハイエースと装備 ハイエースを契約してから納車まで...

 

道の駅&空の駅には、周辺の観光案内がありましたので、これを見て良さそうな場所へいくことにしました。まずは灯台です。

道の駅を出て「余部崎灯台」へ

道の駅を出て、余部灯台へ向かいました。漁港や海辺の道は絶好のドライブコースです。下の案内図でで言えば「④余部台灯台」
余部埼 灯台

余部埼 灯台
灯台へ向かう途中に駐車場と地蔵様等あります。さらにここから更に車を走らせ灯台へ
(ここが灯台の駐車場と間違える人もいるかも・・注意です)

余部埼 灯台
駐車場からは海が見えてとても気持ち良いです。土曜日ですが、人がとても少ないです。

余部埼 灯台 余部埼 灯台 余部埼 灯台
灯台の駐車場から灯台へ向かう道。奥に灯台が見えます。

 

余部埼 灯台 余部埼 灯台

 

余部埼灯台から「岡見公園」へ

余部埼灯台から少し走ると「岡見公園」という絶景ポイントがあります。私たちの行った日は、風の強い日で、海岸から大きな波しぶきが上がっていました。大迫力です。

海と海岸の眺めがすばらしく公園の横に展望のできる喫茶店もあります。
岡見公園

岡見公園 岡見公園

道の駅あまるべ・空の駅余部(JR駅・展望台)・岡見公園で、2~3時間くらい余裕で楽しめます。海を見ながら走る絶景コースです。

うちは1か所に滞在する時間が短いのですが、ゆっくり散策する方は3~4時間はかかるでしょう。

香美町「味処 喜いち」 刺身定食おすすめです!

うちはこの後、兵庫県(香美町 かみちょう)で食事を食べました。GoogleMapの評価の良いお店を探しましたが、これが大正解です!

香美町「味処 喜いち」はおすすです。
香美町 味処 喜いち
手前が「豚みそ煮定食950円」奥が刺身定食「1300円」
どちらも十分なボリュームです。

おすすめは刺身定食ですね!刺身は美味しくてこれで1300円は安いでしょう。
静かなお店で、お客は、シニア夫婦とその家族でした。あえて言えば・・駐車場が狭いのと台数が限られるので、駐車場がない場合は、近くのショッピングセンター等を利用すると良いと思います。

Googleマップへのリンクは下です。

「味処 喜いち」はこちら

このコース(余部道の駅→余部崎灯台→香美町 喜いち)はとても良いコースです。少し買物などもして、10時~13時ごろまで、ゆっくりできました。ここから今夜の宿泊先、「RVパーク 道の駅 あゆの里矢田川」へ向かいました。

知らない土地の、くるま旅は本当に楽しいです。中国山地の山の中に住む私たちは、昔は町へ出かけるのが好きだったですが、今は、人の多い町より、海や静かな山がいいですね。

道の駅 あゆの里 矢田川 RVパーク
こんにちは、55Hiaceです。50歳代でハイエースデビューしました。くるま旅とハイエースDIY等を楽しんでいます。道の駅「あゆの里矢田川」上の段に見えるのが道の駅。道の駅から一段低い位置にRVパークがある。印象はとても良い!1つひとつのサ

 

はじめてのRVパークにおすすめ!道の駅 あゆの里 矢田川 RVパーク
こんにちは、55Hiaceです。50歳代でハイエースデビューしました。くるま旅とハイエースDIY等を楽しんでいます。今回は、兵庫県北部にある、最高のRVパークのご紹介です。半年くらい前から車中泊やキャンプにはまっていますが・・いまだ、こ...

 

ミドル&シニアさんにおすすめ あゆの里 矢田川から、出石 辰鼓楼(しんころう) へ
今回はミドル&シニアさんにおすすめしたい、落ち着いた「くるま旅スポット」出石 辰鼓楼(しんころう) の紹介です。 道の駅 あゆの里 矢田川はRVパークを併設していますから、ゆっくりと休むことができます。矢田川でゆっくり休んで、出石 辰鼓楼...

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ、クリックください。励みなります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました