ハイエース&車中泊におすすめ充電ライト これまでのライトでNo1満足度!

ハイエース&パーツ等

Ledライト 充電式 マグネット付5段階 4400mAh

ハイエースで車中泊やキャンプをする時になくてはならいのが、ライト(照明)です。いろいろ購入して、記事にさせて頂きましたが、今の所、使い勝手、ナンバー1商品になっています。

Amazonで購入しましたが、商品説明が不自由な日本語になっているのを見て、少々、不安はあったのですが・・今の所、問題はありません。好調に使えてます。

下がAmazonからの商品画像です。長さ38㎝の充電式のLEDライトです。
クリックするとアマゾンの商品ページにリンクします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


商品の特徴

  • 安いです!セールの時、1,683円で購入しました。普通でも2,000円弱です。
  • 大容量バッテリー搭載。いざという時はモバイルバッテリーとして使えます。
  • マグネットがついていて、車の鉄の部分にくっつきます。
    (そんなに強い磁石でないです。ちょうどいいくらい。)
  • ライトは5種類(通常ライト3段階、赤の点滅、白の点滅)で使える。
  • ちょっと不安な気持もしますが、IPX4相当の生活防水仕様と表記があります。

シンプルでいい感じの商品と同根物

商品と同梱物一式(本体、ストラップ2本、USBケーブルtypeB)です。シンプルそのものです。
高級感という感じではありませんが、ひどく安っぽい感じでもありません。普通に作られている印象です。悪くはありません。1,700円位で買える商品には思えないです。

下の画像が、ライトの左右の端です。電源ON・OFFスイッチがある側、数字(4400mAh)の書いてある型にはUSBの入力(充電)、とモバイルバッテリーとして使用する時の出力があります。

4400mAhのバッテリー容量は、結構な容量です。
13~14万円もする、大型のiPhone 13 Pro Maxですら、4,352mAhの容量ですから、このLEDライトかなりの大容量ですね。緊急時のスマホ充電に使える仕様です。

 

上の画像のとおり、本体の細い側から見ると、左右の違いはわかりますが、真横から見るとどちらが本体スイッチかわかりませんここで目印になるのが、ストラップです。

ストラップが付いている方が「主電源」という風にしておくと、車の色々な所へマグネットで止めていても、スイッチの位置がわかりやすいです。
(下の画像の黒い鍵がハイエースの鍵のサイズです。)

車中泊&ハイエースで使用するメリット

マグネットでいろいろな場所へ固定できる

本体裏にマグネットついているので、車内の色々なところへ配置できます。
下がマグネット部分です。(片側2つのマグネットがあって、その真ん中にストラップ穴がついています。下の画像が右・左の状態です。

 

うちの定位置はバックドアの鉄の部分です。下の画像でわかりにくいのですが、バックドアのガラス(熱線が入っているガラス)の下あたりです。このスペースにちょうど入ります。うちの車はSGLですが、DXグレードであればもっと色々なアレンジができるでしょう。

ドアの開け閉めしても落ちることはありません。ストラップがついている方が主電源の目印です。



下の画像:荷台の仕切り棒につけた状態です。(ハイエース助手席の後ろあたり)
本体が軽いのでこの状態でも問題ありません。走行中は、大きな振動で落ちる可能性あります。

 

下の画像:わかりにくと思いますが、バックドアの端に本体をつけると車の後部を広く照らすことができます。磁石で、車内の色々な場所に設置できるので、使える場所は多いです。2~3本あっても良いと思っています。

他の記事をみていただくとわかるのですが、うちのハイエースは基本、黒系の色で車内をまとめています。本当は今回のライトも黒色が欲しかったのですが、設定がありませんでした。残念と思いましたが・・

白はそれなりのメリットがありました。

上の画像でもわかると思いますが、黒い車内に黒いライトだと、ライト本体の位置がよくわからないです。
照明が必要なのは暗い時ですから、場本体の場所やスイッチがわからなくては話になりません。移動できる照明だからこそ、黒色以外で良かったと思います。

下の画像は、カーメートのサイドバーに磁石で取り付けた状態です。走行中に安心な接着力ではりませんが、停車中なら細いバーにこのライトを固定することができます。2本あれば色々な使い方ができると思います。

ライトの形状から考えて、100円ショップ等で、磁石を追加購入して、本体裏に張り付ければ、もっと強力に固定することもできると思います。
だだし、磁石が強力になると、本体を外すときに、ボディーの鉄の部分に傷がつきやすくなると思い、そのままで使っています。停車中であれば、問題なしです。

 

取り外しができて、作業等、懐中電灯としても使えます

用途:懐中電灯、移動時のライトして使用できます。
ハイエースの掃除やDIYの時は、手元照明として使っています。また、荷室のベッドの下の収納の照明として役立っています。自作ベッドの下は暗いので、細長い照明があると便利です。
いつもベッド下から荷物を取り出すときにタテに差し込んで照明として使っています。

ライト(光り方)の調整が色々できます。

これが、本体の箱の画像です。綿が購入したのは4400mAhの「DY-E501-A」の方です。
ライトの種類は、①High,②Medium,③Low,④Flashing,⑤SOS の5種類です。バッテリーの持ち時間も記載されています。

大容量のバッテリーですが、LEDの光量もそこそこありますので、一番明るい、HIGHで点灯状態にすると、4時間でおしまいです。

ただ・・この商品は充電をしながらでも使用できますので、安心ですね。
線をつなぐのは、わずらわしいようですが、最初から有線式のライトもありますので、長時間使う人は、割り切って充電しながら使いましょう!

ライトの切替えは5種類です。事故の時などSOSのライトは等はそれなりに使えるレベルだと思います。実際の光方(フラッシュとSOSのみ)は動画のような感じです。(6秒くらいの短い動画です。)

まとめ

今回の商品は、たまたま、セールの通知でお知らせがあって購入しました。
Amazonの国外製品は、さまざまな品質のものがありますので、心配だったのですが、今の所、車内に設置したままの状態で、3か月くらい使って支障はありません。

むしろ、バッテリー式のLEDライトの使用範囲は予想以上に広く、便利に使っています。
下は、うちのハイエースで使っている照明関係のリンクです。よろしければご覧ください。

 

商品はよい!Amazon LEDライト(50㎝)設置場所・角度どうする?
車内の追加照明はどう使う? 車中泊での車内のライトはどうされていますか。うちのハイエースでは家にある勉強用スタンドやダイソーの300円のランタン、電池式のランタン使って明かりをとっていました。 うちの場合、車内で調理をしたり...

 

車中泊に使える コールマン CPX6TM テントファン&LEDライト
コールマン テントファン 820円!(使用感なし) 即買い! 私がよく行くブックオフには、本以外の商品もたくさん置いてあって、衣類やキャンプ道具、楽器等の品ぞろえも豊富です。最近のアウトドアブームもあって、キャンプ関係の道具も沢山あります...

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ、クリックください。励みなります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


タイトルとURLをコピーしました