スライドドアへの雨&視線よけ ダイソー「撥水ウエザードクロス」300円他

ハイエース&パーツ等

別記事で、バックドア(リアゲート)に取り付ける「アイズブロッカー」という、日・雨よけ、視線よけのアイデア商品を紹介させていただきました。今回は、サイド用、スライドドア向けの商品です。

ダイソーで購入した300円の撥水シートを使いますから、アイデア次第で、いろいろなシーンで便利に使えます。お試しください!

特にこんな方へおすすめの記事です。

  • 日よけシートを簡単に取付けができる100均グッズを知りたい方
  • カーメイトのサイドバー(NS122)のサイドバーをお使いの方

今回もよろしくお願いいたします。

雨・日よけ&視線よけ こんな時に便利!

ハイエースなどの1BOXの車は、荷室に通じるドアの開口部がとても大きいです。
スライドドアもバックドアも大きく開きます。商用車ですから、荷物の出し入れを考えてのことだと思います。

しかし、車内をプライベート空間にしている車中泊仕様のハイエースでは、スライドドアを開けると中が丸見え状態になってしまいます。天候が悪い時は、雨や雪、冷気が車内に入り込みます。

下の画像はうちのハイエースですが、セカンドシートを外しているので、余計に丸見えですね。
白く見えるのは、アイリスのポータブルクーラーです。

みなさんもこんな経験がありませんか?

  • 人の多い駐車場でスライドドア全開 車内がまる見え!
    特にパワースライドドアは、「少しだけ開けて止めておく」ということができませんから、「ピーピー」と注意音を鳴らしながら、ドアは全開まで開きます。

    おまけに電動スライドドアの開閉が遅いと感じませんか? もう少し早く!と思うこともあります。
  • 冷気が一気に入ってくる。
    冬の車中泊で、スライドドアを開けると一気に車内の温度が下がってしまう。(雪が吹き込むこともあります。)
    ・・¥
  • RVパーク 隣の車が近すぎる?
    「RVパーク」の多くは、通常の駐車場と同等もしくは、広くても1.5倍程度の横幅です。
    横・隣の車との距離は近いです。
    換気のためにスライドドアを全開にすると、隣の車からは、車内丸見えです。
  • その他の場面
    オートキャンプ場、道の駅等でドアを全開にしにくい・・隣や通路との距離が近い場合、人の視線が気になる場合があります。

車内がキレイに整えられている時は、自慢の?ハイ―エスの車内を見てもらいたいと思いますが・・
車中泊の朝など、寝具が広がった状態、車内に人がいる(寝てる)時の全開オープンは気が引けます。あまり見た目も良くないように思います。

そこで、欲しくなるのが、スライドドアをオープンした時の、(目隠し)カーテンです。

 

スライドドアへ「撥水ウエザークロス 300円」が、かなり使える!

まず、ご紹介するのは、ダイソーの商品です。

下の画像の右側の商品「撥水ウエザードクロス」です。

右:撥水ウエザードクロス 300円  88㎝×112㎝
左:レジャーシート 100円     90㎝×170㎝

ハイエースのスライドドアの開口部は、およそ120㎝×120㎝です。
雨除け、日よけで使う場合は、どの部分から垂らすかで、必要なサイズが変わってきます。

これが、うちのハイエースに取り付けた画像です。色も落ち着いて、よい感じだと思いませんか。

ほかにも良い商品がないか、ホームセンターやネットショップで調べてみたのですが、よいものが見当たりません。
ホームセンターで安く売っている、日よけを購入しようと思ったのですが、サイズが合わないのです。

ホームセンターにある、日よけは、サッシのサイズに合わせた、長さが180~200㎝、幅が90~100㎝ばかりです。

ハイエースの開口部を全部隠すとなれば「120㎝×120㎝」が必要になります。どのように車内から下げているのか?

うちは、カーメイトのサイドバー NS122 から、シートをぶら下げています。

サイドバーそのものは、220㎝もある十分な長さのものですが、もう30㎝くらい長ければスライドドアを含めた長さにピッタリです。

下の画像を見てもらっても、リア用の天井エアコン吹き出し口の近くまで、届いてないです。
サイドバー(シルバーのパイプ)全体を、前方へ移動することもできますが、リアのバーの位置をちょうど良い位置に決めてあるので、あえて動かしませんでした。

就寝時などのカーテンは、自作のマグネット式のものがありますので、これはあくまでも、スライドドアの開閉を前提とした「目隠しシート」です。
幅は足りていないようですが、人の出入りと、風とおしのこともあるので、これくらいが丁度よいと感じています。

 

ダイソー 「撥水ウエザードクロス」の長所

このシートは、なかなか優れものです。

  • 生地はしっかりしています。「ハトメ(丸の穴部分)」もついています。
    ロープで固定したり、タープ用のポール等も利用できます。
  • 価格が安く、どこでも入手しやすい。
  • 落ち着いた色で良い。(レジャーシート関係は派手なものが多いです)
  • ある程度の「厚さ」があるので良い。
    「厚さ」がないと、風でヒラヒラして、めくり上がります。
  • 撥水なので雨に濡れても問題なし。拭き取れば、すぐに汚れが取れます。
  • サイドバーを使うのであれば、サイズ的にはちょうど良い。
    ※スライドドアの開口部全体から考えると、少し小さいです。

「撥水シート」の つり下げ方法  いろいろな提案あり

シートのつり下げ方法について、いろいろと考えられると思いますが、ここでは2つの方法を紹介します。

カーメイト サイドバー NS122 は多用途でおすすめ!

この商品は、ハイエースを購入して取り付けたパーツの中でも、トップ3に入る満足度の高いものです。9,000円以下で購入できる商品ですが、車内の見た目が良くなり、便利になります。

今回は、「撥水シート」をつり下げていますが、他にも色々、使っています。

  • LEDバーライト(磁石固定タイプ)をつける(下に画像)
  • スポット型クリップライトをはさむ
  • クリップ式の扇風機をはさむ
  • その他
    ハンガーを掛けたり、タオルを直接、かけて干す。

位置が良いのに加えて、剛性も高いので使用用途は広いです。

カーメートのサイドバーはこちらです。

 

サイドバー以外の方法 「クリップナット」&「ボルト」+「のれん棒」など

サイドバーを取り付けていない方にも、よい方法があります。次の2つの商品を使います。

  • クリップナット
  • つり下げボルト
①クリップナット ②つり下げボルト

下の画像の矢印の場所に、内装のカバー「クリップナット」をはさみ、サイズのあった「つり下げボルト」を、ねじ込むことで、台座の部分が簡単にできます。※工具すら不必要の簡単作業です。

下の動画(ときめきハイエース)もぜひ、ご覧ください。

ネジのサイズ「M6」のクリップナット(左)と、リング(右)を上手に使って、カーテンレールを設置されています。動画もわかりやすいです。ハイエース関係のDIYの勉強になります。

ときめきハイエース
【カーテン】穴を開けない!簡単安価でハイエース車内にカーテンをつけました

 

カーテン用ワイヤーを使う人もおられますが、カーテンレールやカーテン棒の方が、たるまず、しっかり固定できるようです。

「撥水ウエザードクロス」に ぴったりの商品(つりさげ用)

おすすめする商品はつぎの3点です。すべてダイソーの100円商品です。

下の画像の商品(ポールカーテンクリップ)は、サイドバーのパイプのサイズにピッタリ合います。

 

丸になっている部分は、サイドバーのサイズ(直径)にピッタリです。

しかし、ダイソーの撥水シートで利用する場合、シートの重みで、クリップが動き、ピンと張ることができません。

そこで、100円マグネット(下の画像)をサイドバーに、磁力でひっつけて、クリップが動かないように固定しています。

 

最初の画像で、クリックが2種類ありまいたが、小さい方のクリップは、「パチン」と固定できるタイプで小型の割に強力です。

下の画像のように、滑りやすくて、うすいレジャーシートにも使えます。

■オーニングフック(マグネット式)
このフックは、リアゲートにシートを固定する際に便利に使えます。
シートの穴のサイズが小さいので、フック本体に取り付けています。磁力はそれほど強くはありませんが、このシートをつり下げるには十分です。

 

■取り付け方向(ヨコとタテ)の違い
色も落ち着いて、良いように見えませんか。真後ろの目かくしになります。

 

車内からリアに、つり下げると下のようになります。(ぴったりサイズです)

場合によっては、「撥水シート」を別記事で紹介した、タープ用のフックも十分使えます。
ロープやタープ用のポールの穴もありますので、「ミニミニタープ」としても利用できます。

くわしくはこちら(画像中央のタープフックはセリア100円の商品です。)

 

車+タープで 時短&快適 車中泊キャンプ! 連結グッズのまとめ(キャプテンスタッグ M-8390他)
今回は、車中泊キャンプのレイアウトと快適性を広げるグッズの紹介です。 車とタープを連結するための手に乗るシンプルな金具なのですが、これ1つで車中泊キャンプのレイアウトや設営時間を含めた居住性がかなり良くなります。 特にデイキャンプ、...

 

おわりに

スライドドア用の「目隠し」は、以前から欲しかったのですが、ようやく今回、落ち着きました。
ホームセンターを数件回って、ほかの商品も購入して試したのですが、この撥水シートが一番だと感じています。

サイドにつけたり、リアにつけたり、場所に応じて付け替えをして利用しています。
目隠しカーテン、日よけになったり、雨や冷気を防いだり、非常に多用途です。

安価なもので遠慮がなく使えるのもよいですね。ぜひ、みなさんも、いろいろ工夫してお楽しみください。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
よろしければ、クリックください。励みなります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

ハイエース 雨・日よけ&視線よけ 車中泊 便利グッズ AIZU(アイズ)ブロッカー 効果大です!
今回の記事は、AIZU(アイズ)ブロッカーを紹介します。 商品名から「何をブロックするの?どんなもの?」と感じる方も多いかもしれません。 この商品は「雨よけ」「日よけ」「まわりの人の視線よけ」として、いろんなものをブロックできるんです。...
タイトルとURLをコピーしました